歯科助手の仕事内容

歯科助手の主な仕事は、「歯科医師の補助」、と「院内管理」です。

共通して言えることは、よく気づかいができる人が向いているということです。

それではうちでやっている仕事内容を話していきます。

歯科医師の補助

歯科助手仕事

これは治療している歯科医師の補助をすることなのですが、具体的には

仕事の流れ

・患者さんをユニットまで誘導する

・エプロンをつける

・口をゆすぐ用のコップを置く

・バキュームを取り付ける

・レントゲンを画面に写す

・治療内容によって道具を用意する

・治療が始まったらライトを合わせる

・バキュームをする

・治療内容に合わせて補助をする

・終わったらエプロンを外す

・ユニット・ブランケットの清掃

・次の治療の準備

こんな感じの流れです。適宜患者さんの様子をみて声掛けできればなお良いです。

院内管理

歯科助手仕事管理

これは院内の清掃や在庫管理、機材のチェック、修理対応です。

院内清掃

院内清掃

これはまさに院内の清掃をすることですが、歯科医院も医療機関なので清潔であることはとても大切です。

あなたがもしどこかの病院に行って、そこが汚かったら治療に対しても不安になりませんか?

医療機関にとって清潔であることは何よりも大切なことです。

在庫管理

歯科助手

日々使う材料の在庫を把握して、足りなくなりそうなら注文したりします。歯科材料はないと治療が進められなくなってしまうこともあります。そのため在庫を切らさないということも大変重要です。

また、注文もその歯科医院に出入りしている材料業者に頼むのか、歯科材料のカタログがあるのでそこから注文するのか、コスト削減をよく考えて注文することが求められます。

修理対応

歯科治療をしていると色々なものの調子が悪くなったり、壊れたりすることもよくあります。

そんな時にそのメーカーに連絡をして修理依頼をします。

その時に緊急性が高いのかを判断することが大切です。

なぜかというと、メーカーに修理を依頼すると「出張費」というものがかかります。

そのためなるべく1回きてもらって多くのものを直してもらったほうがコスト削減になるからです。

歯科助手はつねにコスト削減の意識を持つことも大切です。

受付

その他に受付も兼務する歯科医院もありますが、これはあくまで私個人の意見ですが、受付は受付で専属の人を置いた方がいいと思います。

それだけ受付というのは重要なポジションで、受付のアポイントの入れ方や対応によって大きく医院の収入も変わってくるからです。

で現実にはそれだけ人件費もかかることなので小規模の医院には難しいかもしれません。

歯科助手の仕事まとめ

今まであげたのはあくまで基本です。その他には歯科医師には言いにくいいことを歯科助手に話される患者さんもたくさんいます。

そんな歯科医師と患者さんの架け橋になることも重要な仕事です。その歯科助手の対応で医院に対する評価も変わってきます。

医院に貢献できる歯科助手を目指しましょう。