歯科治療の種類

歯科助手は「歯科治療の補助」も大きな仕事です。ただし、歯科治療の補助を行うためには「どういった治療をするのか」「なぜこういう治療をするのか」を理解していないと補助ができません。

治療の仕方というのは歯科医師によって異なる時もありますが、基本的なところを覚えて補助についている歯科医師のクセを把握して補助業務にあたりましょう。

ここでは代表的な歯科治療について一つづつ歯科助手目線で解説していきます。

治療の種類

虫歯治療

一言に虫歯といってもその大きさによって治療法は様々に分かれます。歯科助手が知っておくべき虫歯の知識を解説します。

 虫歯治療ってどんなことしてるの?

歯周病治療

歯周病は日本人の8割以上、世界的に見ても人類最多の感染症と言われておりギネスブックにものっています。そんな歯周病の治療について解説します。

 歯周病治療ってどんな治療?

根管治療

歯にも神経が通っています。この神経が入っている管を治療するのが根管治療です。患者さんにとっては同じことをいつまでも何やってるんだろうと思われがちなわかりにくい治療でもあります。そんな根管治療を解説します。

 根管治療って何?

抜歯治療

これは読んで字のごとく歯を抜く治療です。歯科医師によって道具の好みの分かれやすい治療です。どんな道具を使うのかを中心に解説します。

 抜歯治療で覚えることは?

義歯治療

入れ歯を作ったり、調整したりする治療です。歯科助手は義歯制作の流れを知っておくことが大切です。この辺りを中心に解説します。

 入れ歯の治療で覚えることは?

インプラント治療

歯を抜いた又は抜けたところに人工のネジを埋め込みその上に被せものをつくる治療です。インプラントのアシストはアドバンス的な側面もあります。覚える器具もたくさんあります。ある程度経験を積んでからの話になりますが、まずは治療の流れと器具の名称を覚えましょう。

 インプラント治療で覚えることは?

コメントを残す