虫歯治療ってどんなことしてるの?

ここでは虫歯治療について歯科助手目線で書いていきます。(用語については「用語集」を参照)

虫歯治療は虫歯の大きさによって治療法が変わってきます。それでは大きさ別に治療法を解説していきます。

虫歯の大きさ

初期虫歯(C0)

虫歯これはまだ歯に穴は開いていない状態ですが、このままケアをしないと虫歯になりそうという状態です。

 

 

小さい虫歯(C1)

虫歯咬む面(咬合面)の溝の小さな虫歯などはCR(コンポジットレジン)と言われる、歯科用のプラスチックをつめて、光をあてて固める治療をすることが多いです。

 

 

コンポジットレジンCR(コンポジットレジン)

フロータイプとペーストタイプがある。状況によって使い分けます。

中くらいの虫歯(C2)

虫歯これは象牙質というところまで虫歯が進行した場合ですね。咬む面に限られているときはCR(コンポジットレジン)で済ますことも多いです。

しかし、歯の横(歯と歯の間)に虫歯が進行しているときは、In(インレー)といって部分的な被せ物にするこが多いです。

 

インレーIn(インレー)

削って型をとったものを技工所に出しこのような金属の被せ物をつくります。自費のものはセラミックなど白いものもあります。

大きい虫歯(C3)

虫歯これは虫歯が神経まで届きそう、もしくは届いてしまっているような大きい虫歯です。

虫歯を取ってあと少しで神経まで届きそうなときは痛みが出ることもあるので、仮のセメントを入れて、痛みが出るかどうか一度様子を見る時があります。この治療を「単治」といいます。

単治をした後は、痛みがなければIn(インレー)やCR(コンポジットレジン)で修復します。痛みが出てしまった場合は「抜髄」という治療に移ります。

完全に虫歯が神経の方まで届いてしまっている場合は、神経を取る治療をします。この治療を「抜髄(ばつずい)」といいます。

抜髄になった場合は、何回か神経の入っている根の管をお掃除していきます。この治療を「根管治療」ともいいます。(詳しくは「根管治療」参照)

その後、根の中がきれいになったら根の中で感染を起こさないように詰め物をしていきます。この治療を「根管充填」といいます。歯科助手が補助につく場合は、道具の受け渡しに少し慣れが必要な治療になります。

根管充填が終わったら、レントゲンを撮って緊密に充填できていることを確認したら根管治療は終了です。

根管治療が終わった後は土台を作って、被せ物をしてその歯の治療は終了になります。(詳しくは「被せ物治療」参照)

根っこだけになってしまったような虫歯(C4)

虫歯これはもう歯の頭の部分(歯冠)が崩壊してしまって、歯の根の部分だけが残っているような状態の虫歯です。ここまでいっていまうと基本的には「抜歯」の治療になります。(詳しくは「抜歯治療」参照)

 

 

虫歯治療まとめ

初期虫歯(C0)→フッ素、歯ブラシ

小さい虫歯(C1)→CR(コンポジットレジン)修復

中くらいの虫歯(C2)→CR(コンポジットレジン)かIn(インレー)

大きい虫歯(C3)→CR(コンポジットレジン)かIn(インレー)かFMC(フルメタルクラウン)

根っこだけの状態→抜歯

Point
歯科助手は虫歯の大きさを見極め使う器具を素早く準備できるようにしましょう。

コメントを残す