日本医療事務協会の歯科助手講座

日本医療事務協会は、昭和50年創立の歴史のある会社です。

医療事務分野ですが、2015年のオリコン日本顧客満足度ランキング資格スクール部門総合1位を獲得しています。

最短で取れるのが特徴になっています。

日本医療事務協会の歯科助手講座概要

日本医療事務協会の歯科助手講座

費用 59000円(税別)通学
期間 1ヶ月(最長12ヶ月)
取得資格

日本医療事務協会 「保険請求事務資格」

資格試験 保険請求事務技能検定試験
  自宅受験可
試験合格基準 非公開
資格試験受験料 7000円
特徴 最短で資格がとれる
  通学・通信が選べる
  カリキュラムに定評あり

日本医療事務協会の歯科助手講座体験談

日本医療事務協会の歯科助手講座体験談

日本医療事務協会の歯科助手講座を実際に受けた方の体験談を集めました。講座を選ぶ際の参考にされてください。

体験談1

知り合いの歯科医院で歯科助手のアルバイトをしないかと誘われたため、勉強のために日本医療事務協会の歯科助手講座に参加させてもらいました。

他にも同じような講座を開催しているところがあったのですが、体験談を読み比べたり、お世話になる予定の歯科医院で話を聞いたりしてこちらの講座に決めました。

私自身、歯は昔から丈夫な方だったこともあり、今まであまり歯科医院に患者としてお世話になったことがありませんでした。

そのため、具体的に歯科助手の仕事のイメージというのがよくわからないでいたのですが、この講座を通してしっかりとイメージも持てましたし、具体的な仕事の内容もわかったのでよかったです。これで安心してアルバイト初日を迎えられると思います。

体験談2

なかなか自分にあった仕事を見つけることができず、自分にあった資格はないか調べていて見つけたのが歯科助手の資格です。

何度も歯科で治療を行った経験があったことから、歯科助手の仕事内容を想像しやすかったこともあり、資格を取得したいと思うようになりました。

そこで利用したのが日本医療事務協会の歯科助手講座です。最初に資料請求を行い、内容を確認すると通学コースと通信コースが選べるとのことでした。

通学は面倒だったので、通信コースを選択し、勉強を開始しました。

テキストはイラストが中心の内容になっており、本を読むのが苦手な私でも無理なく勉強することができました。何度か課題の提出がありましたが、丁寧な添削をして適切な指導をしてくれました。

資格試験は在宅受験が可能で、見事に一発で合格することができました。今では歯科助手として働いており、利用してよかったと思っています。私の体験談が参考になればうれしいです。

体験談3

なるべく同じ仕事を続けていきたいと考えた時に、結婚後も使える資格を取得しておこうと思いました。

日本医療事務協会の歯科助手講座の体験談を読んでいると、合格率が高くて通学・通信コースを選べるところが良かったです。

大学に通いながら空いた時間を利用して、勉強することが出来るように通信コースを利用しました。

自信を持って歯科医院の顔として活躍することが出来るように基礎から応用まで身に付けました。レセプト作成まで学んでいたので、専門性の高いスキルで仕事に出てすぐに実力が発揮出来ました。

イラストが豊富な教材と、添削指導がわかりやすくて、勉強という感覚はありませんでした。自宅で受験が出来るところも良く、満足のいく内容でした。

日本医療事務協会の歯科助手講座まとめ

費用は高めですが、とにかく早く資格を取りたいという方にはおすすめです。

ただし、地域によっては教室がない場合もありますので、資料を請求して確認してください。

 資料請求はこちら