歯科助手の求人の探し方

歯科助手の求人を探すときにどこを探せばいいか困ることもありますよね。

ここでは、求人を出す側からみた求人を探がすときのポイントをお話しします。

歯科助手の求人が載っている媒体は?

歯科医院が求人を出すときによく使うのは、「求人誌」・「タウン誌」・「求人サイト」・「医院のHP」・「医院の掲示」の5つのパターンが一般的です。

歯科医院のある土地柄によって有効な募集方法も変わるので、一概に何が効果的かを判断するのは難しいところがあります。

しかし、ここで大きく2つのグループに分けることができます。「求人誌」・「タウン誌」・「求人サイト」のグループと「医院のHP」・「医院の掲示」のグループです。どういうことか説明していきます。

「求人誌」・「タウン誌」・「求人サイト」グループ

歯科助手雑誌

まずこのグループは、条件面のみで比較されやすいということです。

これらの求人媒体には条件面と短いコメントのみ載っており、同じページにいくつも載っているため、条件面で有利な職場が選ばれる傾向にあります。

これだと医院の求めている人材と、求職側が求めている医院像にミスマッチが生まれやすいです。

こういう時は必ず医院のHPを確認して、その医院の理念や雰囲気を把握してから応募するようにしましょう。決して書いてある条件面だけでは比較できないので注意が必要です。

また書いてある条件も実際に働いてみると違ったりすることもあります。就職を決めるときは昇給、ボーナス、残業、有給休暇など気になるところはしっかり確認しましょう。

「医院のHP」・「医院の掲示」グループ

求人ホームページ

このグループは、歯科医院の理念やほしい人材像をしっかりと書くことができるので、応募数は少ないもののミスマッチを起こしにくい方法です。

これはあくまで私の主観ですが、求人対する想いをしっかり書いている医院の方が、医院内のスタッフ管理もしっかりしているのではと思います。

就職先を決めるときは、就職したい地域の歯科医院のHPは最低限チェックしましょう。

どの媒体から応募しても大切なこと

歯科助手確認事項

これはどこに就職するにも言えることですが、就職の際条件面の確認はしっかりしましょう。

出来れば書面になっているところがベストです。

歯科医院の場合は個人経営がほとんどなので、そういうところを曖昧にしているところも多く存在するのも事実です。

入ってから話が違うということのないように、聞きたいことはしっかり確認しましょう。

それと、必ず入る前には実際に診療しているところを見学させてもらいましょう。そこで、ここならやれそうか、スタッフと上手くやれそうかを見極めましょう。院長との面接だけで決めるのは少し注意が必要です。

歯科助手の求人が多い求人サイト

数百ある求人サイトの中から、歯科助手の求人が多いサイトを厳選しました。

上述した注意点を踏まえた上であなたにあった就職先を探しましょう。

とらばーゆ

株式会社リクルートが運営する、女性のための転職サイトです。大手だけあって歯科助手の求人数もかなり多くあります。あなたの地域を選択して検索してみてください。

 

はたらいく

株式会社リクルートホールディングスが運営する、求人・転職サイトです。

ここにもかなりの数の求人があります。ここもあなたの地域で絞り込んで検索してみましょう。