歯科助手は未経験でも大丈夫?

歯科助手になるには、民間資格はあるものの正式な資格がなければ働けないということはありません。

つまり誰でもなることができます。(資格の必要性は「歯科助手の資格は必要?」参照)

未経験でも大丈夫?

歯科助手未経験

結論から言うと「未経験でも大丈夫」です。しかし、民間資格もなく全くの歯科業界未経験と言う場合、最初の3ヶ月はかなりの苦労があると思ってください。

慣れてしまえば、歯科の仕事は意外とパターン化されていることがわかると思いますが、このパターンを覚えるまでが少し大変です。

大変な理由

歯科助手大変

聞きなれない用語が飛び交う

器具の名前や材料の名前、治療の名前など普段は聞きなれない用語が飛び交う現場です。

忙しい医院では、1分1秒を争うような現場なので、言われる前に用意できることが求められるところに、言われてもどれを用意していいかわからないとなるとかなりのストレスを感じると思います。

これが辞めていく原因の1つです。そのため最低限の知識を勉強してから就職した方が自分のためにも医院のためにもいいでしょう。

経験が必要な作業がある

これはどんな職場でも多少なりともあるところだと思いますが、歯科はその割合が多いです。

経験が必要な作業をざっと挙げると

・アルジネートを練る・盛る

・シリコンを練る・盛る

・石膏を練る・つぐ

・セメントを練る

・X線のセッティング

・バキュームをする

・ライティング

・根管充填の器具の受け渡し

こんなところですかね。思い浮かべただけでこれだけあります。

これらそれぞれにコツがあるので、技術的な慣れが必要になります。

勉強をして資格を取って就職してもこの技術的な慣れが必要になるので、ここでも壁があります。

用語の壁+技術の壁がダブルでくるとさらにストレスが増します。実際にはこれに人間関係も加わってくるので、やはり最初の3ヶ月は苦労すると思っておいてください。

しかし、自転車と一緒で1度乗れるようになれば乗れるように、1度覚えてしまえば必ずできます。

1つ1つがそんなに難しいことではないので、流れをつかむまではがんばりましょう。

未経験でも大丈夫?まとめ

歯科助手はパターンを覚えるまでが大変ですが、それよりも気遣いができる性格や笑顔がなによりも大切です。

やれば必ずできるようになります!大変な分やりがいはすごくある仕事なので頑張りましょう!