インプラント治療で覚えることは何?

インプラント治療は、歯を抜いた又は抜けたところの骨にチタンでできたネジを埋め込みその上に被せ物を被せる治療です。

自分の歯のように使えるメリットもありますが、費用が高額になることと治療期間が長くなることがあります。

歯科助手がインプラント治療のアシスタントにつくこともあるので、治療の流れと器具の名称を覚えましょう。

インプラント治療の流れ

①治療の説明

インプラント治療がどういう治療なのか、他の選択肢もお話して同意を得ます。

②全身疾患がないかを確認する

糖尿病・骨粗鬆症・バイアスピリン服用・高血圧などインプラント治療時に注意しなければいけない疾患もあるのでしっかりと確認を行い、場合によってはかかりつけ医に対診書を送ります。

③CT撮影

インプラント治療を行う場合はCTと呼ばれる立体にうつるレントゲンを撮影し、骨の幅、深さ、密度などを確認していきます。

また同時にお口の中を型取りして、模型をつくる場合もあります。

④インプラント手術(1次)

インプラント前回とった模型を元に「サージカルガイド」というインプラントをどの位置にどの角度で埋めるかのガイドをつくることもあります。

手術の最初は、体調を確認して大丈夫であれば浸潤麻酔を行い歯肉(歯ぐき)をメスで切開して、剥離子で開いていきます。

打つところの骨を直接確認し、でこぼこであればラウンドバーで形を整えることもあります。

それからサージカルガイドがあればそれを使い細いドリルから太いドリルへ段階的に太さを広げていきます。

インプラントのネジ(フィクスチャー)が入る大きさまで穴を広げたら、ネジを埋め込んでいきます。

この時フィクスチャーに絶対にバキュームなどが触れないようにしましょう。

インプラント2回法でやる場合は、この後ねじの上にキャップをして歯肉を閉じて縫合します。この時に使う縫合糸は汚れがつきにくいようにナイロン糸が使われることが多いです。

1回法でやる場合はネジの上に「アバットメント」と言って土台を取り付けることもあります。

また、埋めるときに骨が足りない時は人工骨を足すこともあります。

専門的に言うとまだまだありますが、わかりにくくなるのでこの辺にしておきます。

⑤2次手術

インプラント骨とフィクスチャーがくっつくのを待ちます。(平均上顎が4~6ヶ月、下顎は3ヶ月ほど)

くっついたらインプラントを埋めたところのネジの部分だけ歯肉に穴をあけます。

ネジを外して、アバットメントという土台に付け替えていきます。

そして歯肉の治りを待ちます。

⑥印象採得

アバットメントの周りの歯肉が治ったら型取り(印象採得)をしていきます。型取りの方法にもオープントレー法クローズドトレー法といって主に2種類あります。

それぞれ使う器具も変わってきますが、ここでは2種類あるということを覚えておいてください。

⑦被せ物のセット

インプラント前回とった印象を元に技工所で被せ物を作ってもらいます。できた被せ物を患者さんにセットしていきます。

インプラントの被せ物を「上部構造」と呼びます。これにはセメント固定式タイプネジ固定式タイプの2種類があります。

これで問題がなければ終了で、メインテナンスにうつります。

インプラント治療まとめ

歯科助手のアシスタントの中でも一番難しいかもしれません。

Point
インプラントのアシスタントは経験と知識が必要です。それに実際に見てみないと想像もつきにくいと思います。最初から任されることはまずないので、歯科助手になってから徐々に覚えていきましょう。

コメントを残す