歯科助手と歯科衛生士の違い

歯科助手と歯科衛生士はまず資格の違いがあります。

歯科助手には民間資格はありますが、特に資格がなければできないということではありません。

一方、歯科衛生士は国家資格がないとなれません。この資格の違いによりできることは異なってきます。

資格による大きな違い

歯科助手

大きな違いは、歯科助手は患者さんのお口の中をさわることができません。一方、歯科衛生士は患者さんのお口の中をさわることができます。

しかし、衛生士だからといって何でもできるわけではありません。できる範囲が法律によって決められています。

口の中をさわることができるかできないか」これが大きな違いになってきます。

お互いができることをすることが重要

 

歯科衛生士はお口の中のメンテナンスを行うことができるので、メンテナンス専門でやっているところも多くあります。

そうなってくると歯科医師の補助、医院の受付、患者さんの誘導、在庫管理、材料の補充、器具の滅菌、修理対応、シフト管理などをやるのが歯科助手の仕事になってきます。

このようにお互いができることを分担してやっていくことが、医院をまわす上ではとても重要です。

歯科助手と歯科衛生士に格差はあるのか

歯科助手

歯科衛生士は国家資格があるので、当然給料の格差はあります。これはどんな職業でもそうですよね。

しかし、院内で歯科衛生士が偉そうにするとかは少なくともうちの医院ではないです。もし、そういうところがあるなら院長の管理不足ではないでしょうか。

それぞれにやるべき仕事が違うので、お互いを尊重して仕事をすることが重要です。

就職先を見つけるときはそういうところもチェックしましょう。

歯科助手とせ歯科衛生士の違いまとめ

もっている資格で考えると、歯科助手にできて歯科衛生士にできないことはありません。

また、歯科衛生士にできて歯科医師にできないこともありません。

しかし、それぞれが自分の役割に専念しそれがうまくかみ合うことで、歯科医院というのは上手くいきます。

お互いを尊重し合って働くことが重要です。