入れ歯の治療で覚えることは?

この治療は、何らかの理由で歯が抜けてしまった、もしくは保存不可能で抜いた時にできる、歯がなくなってしまったスペースに入れ歯を入れる治療です。

入れ歯は、歯科医院の中では「義歯(ぎし)」と呼びます。

部分床義歯部分的な義歯を「部分床義歯 or パーシャルデンチャー(PD)

 

 

全部床義歯全部に被せる義歯を「全部床義歯 or フルデンチャー(FD)」と呼びます。

 

歯科助手は基本的な義歯の治療の流れをまずは理解しておきましょう。

治療の流れ

①型取り(印象採得)

まずはお口の中の型取りをするところから始めます。型取りは通常「アルジネート」と呼ばれる型取りの材料(印象材)でとります。

このアルジネートを練って型取りのトレーに盛り、とれた型に「石膏(せっこう)」と呼ばれる固める材料を流し込むのは歯科助手の仕事です。

アルジネートや石膏は気泡が入らないように練るには練習が必要です。

アルジネートをトレーに盛る時も、どの場所が抜けているところなのかを覚えておき、抜けているところに多めに盛るようにしましょう。

固まった石膏模型を技工所にだして、技工士さんに「咬合床(こうごうしょう)」というものをつくってもらいます。

②義歯の高さと位置を決める(咬合採得(こうごうさいとく))

咬合床が出来上がったらそれを使い義歯の高さと上下の歯の位置関係や豊隆などを決めていきます。

咬合床は、パラフィンワックスと言ってろうそくのロウのような材料で出来ているので、熱を加えつつ調整をしていきます。

③歯並びや歯の色のチェック(試適(してき))

高さや位置を調整した咬合床をもとに今度は技工所でそこに人口の歯を並べてもらいます。

患者さんに歯の並びや色、大体のかみ合わせをチェックしてもらいOKがでれば、それを技工所に出して次回義歯の完成です。

④義歯装着

義歯が出来上がってきたら、義歯の内面やかみ合わせなどを調整します。

この義歯の内面の適合をみるのに使う材料が、「フィットチェッカー」や「PIP」と呼ばれるものです。

フィットチェッカー フィットチェッカー

両方から出して練り合わせ、義歯内面に塗り口腔内に入れます。固まると強く当たっているところの色が抜けます。

PIP PIP

これはクリーム状になっており、それを義歯の内面に塗って口腔内に入れます。フィットチェッカーと違ってこれは固まりません。

咬合をみるのは赤や青のものがある咬合紙になります。

ここまでが義歯が出来上がるまでの流れになります。この後は調整を何回か行い、問題なく使えるようにしてきます。

この他に義歯治療に関してこの治療は覚えておきましょう

粘膜調整

この治療は長く入れ歯を使っていて、入れ歯の内面と顎の粘膜の形が合わなくなってきた時に、入れ歯の内面に「ティッシュコンディショナー」という柔らかい材料をひいて顎の粘膜の形を整える治療です。

ティッシュコンディショナー ティッシュコンディショナー

液と粉を混ぜて使います。時間がたっても完全には硬くならないです。時間がたつと劣化してくるので最終的なものではありません。

リベース

ティッシュコンディショナーで粘膜の形を整えた後に義歯の内面を硬い材料に置き換えていきます。

正式には技工所に出して義歯の内面を張り替えてもらうことをいいますが、実際はその場でリベース材を使って治療することが多いです。

リベース リベース材

これも液と粉を混ぜて使います。時間がたつと硬くなります。

義歯治療まとめ

義歯の治療は、全体的な流れがわからないとなかなか理解しずらいです。

Point
歯科助手は、全体的な治療の流れを把握し、必要な器具を出せるよになりましょう。それとアルジネートや石膏はよく練る練習をしましょう。

コメントを残す