抜けた歯の治療には何があるの?

歯が割れたしまったり、虫歯が大きくなって残せなくなった歯やグラグラになってしまった歯を抜いた後にする治療にはどんなものがあるでしょうか。

大まかな治療法について覚えておくことも歯科助手には必要です。

抜けたところの治療の種類

専門用語では「欠損補綴(けっそんほてつ)」と言います。

種類としては、「Br」・「義歯」・「インプラント」の3種類があります。

では1つづつ説明していきます。

Br(ブリッジ)

ブリッジこれは支えとなる歯を削って、3つ以上つながった被せ物で治す治療法です。

抜けた歯の位置によって設計が変わってきます。

 

・メリット
固定式なので噛みやすい

・デメリット
支えとなる歯を大きく削らなければいけない

抜けた位置と本数によってはできないことがある。

義歯(ぎし)

部分床義歯支えとして利用できる歯が残っている場合、その歯に金属のバネをかけて治す部分床義歯という方法

 

 

全部床義歯歯がまったくないところに入れる全部床義歯という方法があります。

 

 

・メリット
Brに比べて支えの歯を削る量は少ない

・デメリット
違和感が大きい

噛む力が弱い

取り外しが煩わしい

物が入りやすい

インプラント

インプラントこれは健康保険の効かない自費治療になります。

歯のないところの骨にチタンでできたネジを埋めてその上に被せ物をする治療です。

 

・メリット
支えとなる他の歯が必要ないので、他の歯を削る必要がない

噛みやすく自分の歯のように使える

・デメリット
健康保険が効かないので費用が高額になる

治療期間が長い

被せ物治療まとめ

歯科助手も基本的な治療法は覚えておきましょう。

Point
特にインプラント治療の補助は覚える器具も多く経験が必要になります。

コメントを残す