歯科助手とは

歯科助手とは、歯科医師の治療の補助や医院の在庫管理、掃除、修理対応、受付などを主に担います。

歯科医院は歯科医師だけではまわりません。歯科助手・歯科衛生士がチームになって初めて医院が円滑にまわります。

そのため歯科助手とは歯科医院にはなくてはならない存在なのです。

これから歯科助手を目指すあなたへ

歯科助手

何人も今まで歯科助手の人をみてきました。中にはバイト感覚で入ってくる人もいます。

LINEで退職を言ってきたり、いきなりいなくなるような非常識な人がたくさんいるのも現実です。

採用の時に見抜けなかったこちらにももちろん責任はありますが、これを読んでくださっているあなたがもしそんな軽い気持ちなら歯科助手になるのはやめた方がいいと思います。

歯科医院といえど医療機関で働くということの自覚を持つ必要があります。

こんな人は歯科助手に向いている

歯科助手

少し厳しい言い方になってしまいましたが、これが現実です。

逆にやる気があって素直気の利く人、こういうあなたはとても歯科助手に向いています。

歯科に関する知識があるよりもずっと大事なくらいです。

ちょっとした気遣いができるかどうかは大きな差です。これはその人の資質によるところが大きいので、例え歯科衛生士だからできるというものでもありません。

例えば、歯科医師が患者さんと話している内容を読み取ってそれに応じた準備のできる人。

被せ物にセメントを入れて渡すときに、歯科医師がセットしやすい方向に向けて渡す人。

あくまでほんの1例ですが、こういったちょっとした気遣いがとても大切です。

歯科医師もそういうところを見ている人は見ています。

歯科助手とはまとめ

歯科助手は本当に歯科医院の縁の下の力持ち的な存在であり、いなければ歯科医院がまわらない存在でもあります。

それだけでなく、歯科医師に言いにくいことを歯科助手に言ってくる患者さんも多くいます。そんな時に適切な対応をすれば医院の評判も上がります。逆に適切な対応ができなければ評判を落とすことになります。

また、歯科医師に患者さんの想いを伝えることで、患者さんに対して適切な対応がとれ治療もスムーズにいきます。

歯科医院は地域に密着している場合が多いので、口コミや評判というものをとても大切にします。

まさに自分の行動が医院の評判にも直結します。つねに歯科医院の顔であることを自覚して行動する必要があります。

なんだか色々書いてしまいましたがこれが私の思っている本音です。

歯科助手はとてもやりがいのある仕事ですし、一度スキルを身につけてしまえば就職先はたくさんあります。

ぜひあなたも歯科助手を目指してください。