被せ物の治療はどんな種類があるの?

この治療は虫歯を取ったり、神経の治療をした歯に被せ物をしていく治療です。

インレーとアンレーは、虫歯の大きさによって種類が変わります。ブリッジは歯のないところを被せもので補っていく治療になります。

それでは1つづつ見ていきましょう。

被せ物の種類

In(インレー)

インレーこれは歯を削っている面積が比較的小さい時や歯と歯の間に虫歯ができてしまった時に被せる部分的な被せ物です。

保険の物は金銀パラジウム合金という金属でできています。

自費のものにはセラミックやジルコニアなどの材料で白いものもあります。

On(アンレー)

これはインレーよりも少し大きさが大きく、歯の咬頭と呼ばれる盛り上がっている部分まで覆いかぶさる形の被せ物です。

インレーとフルメタルクラウンの間の大きさです。

FMC(フルメタルクラウン)

クラウンこれは歯全体を被せる被せ物です。「クラウン」や「FCK」と呼ばれることもあります。

歯の中の神経を取ると歯がもろくなりかけやすくなるので、基本的には全部被せる形で治します。

他に虫歯が歯の全体に大きく広がっている場合も全部被せて治すことがあります。

Br(ブリッジ)

ブリッジこれは抜けた歯の両隣を支えとして3本以上のつながった被せ物を入れていく治療です。

入れ歯よりも歯を削る量が多くなりますが、固定式で入れ歯よりは噛む力が回復できます。

被せ物まとめ

どんな被せ物がわかっていないと仕事ができないので、最低限のことは覚えておきましょう。

Point
歯科助手は、歯式といってお口の中がどんな状態かを記録することも多いです。その時に被せ物の名前や用語がわかっていないと書けません。簡単でいいのでよく出てくるものは覚えましょう。

コメントを残す