通学講座で仲間と一緒に歯科助手資格を取る!

どこかの学校に合格するために塾に通うこともありますよね。

それと同じで、何かの資格を取得するのに資格講座の教室に通って資格取得を目指す「通学」という方法があります。

時間と場所の制約はあるものの教室に行けば強制的に勉強できるのでやはり合格率は高くなります。

しかし、中には物理的に難しい、仕事が忙しくて通えないという方もいるので、通学のメリット・デメリットを知ったうえであなたに最適な方法か検討していきましょう。

通学講座のデメリット

歯科助手通学講座

時間と場所の制約が大きい

授業は決まった時間・場所で行われるため、必ずその時間を確保する必要があり仕事が忙しい方や不規則な方にはデメリットになります。

中には結局通いきれずに挫折してしまう方もいるので、本当に通いきれるのかを慎重に判断する必要があります。

費用が高い

通学は以前よりはだいぶ値段も下がってはきましたが、それでも通信よりは高額になる傾向があります。それと教室まで通う交通費も考えなければいけません。

それだけお金をかけて通いきれるのかを真剣に考える必要があります。

開設している会社が少ない

通学講座は通信講座と比べると開設している会社が限られています。そのため少ない選択肢から選ばないといけません。

通学講座のメリット

歯科助手通学講座

プロによる細かい指導が受けられる

通学の最大のメリットは資格試験を知り尽くしたプロの講師に直接学べるところです。通信講座よりも細かい指導が期待できます。

またわからないことがあってもその場ですぐに解決できることも魅力です。

同じ目標をもった仲間と一緒に勉強できる

一人で勉強していると、どうしてもモチベーションを維持するのが難しいというのであれば、通学講座をおすすめします。

通学講座では同じ目標に向かって勉強する仲間がいるので、お互いに切磋琢磨しあいモチベーションが維持しやすいです。

通学講座まとめ

通学講座はこんな人に向いています。

・より細かいしっかりした知識を身につけたい

・一緒に勉強する仲間がほしい

・時間的・金銭的に余裕がある

・わからないことをすぐに解決したい

これ以外の人は「通信講座」「独学」を検討しましょう。

歯科助手の資格

歯科助手の資格は、「行政書士」や「宅建」のように1つの資格ではありません。

どういうことかというと、歯科助手の資格は複数ありそれらを総称して「歯科助手」の資格と呼んでいます。

どれも資格の効力は変わりませんし、実際に採用する歯科医師も資格の種類まではわかりません。

「資格がある」ということが大切です。

そのためあなたが取りやすいものを取れば大丈夫です。

歯科助手資格の通信・通学講座をご紹介します。

  資格名 期間 費用
 日本医療事務協会   

日本医療事務協会

「保険請求事務資格」

1ヶ月

(最長12ヶ月まで延長可)

59000円

(通学)

ヒューマンアカデミー

全国医療福祉教育協会

「歯科助手専門員」

4ヶ月

(最長8ヶ月まで延長可)

36112円

(通信)

ユーキャン

技能認定振興協会

「歯科医療事務管理士(R)」

5ヶ月

(最長12ヶ月まで延長可)

41667円

(通信)

キャリアカレッジジャパン

JADP認定

「歯科助手資格」

3ヶ月

(最長12ヶ月まで延長可)

36000円

(通信)

通学講座は通信講座と比べてどうしても選択肢が少なくなってしまします。詳しくは資料を請求して通信と通学どちらがあなたに合っているかを比較検討しましょう。

 資料請求はこちら

コメントを残す